ビジネスはいつも「出逢い」で花開く。
パンゲア1.0の入居者が2.0の
ディレクターとなるまでの成功ストーリー。
―――山口豪志氏に聞く。

 

「パンゲア2.0」山口豪志ディレクター

   以前、【モノとIT】で取材させていただいた「イフラボ(IoT Future Lab)」から新しいプロジェクトが立ち上がった。それが「パンゲア2.0」。
設備の整ったイフラボ内の施設を優れたスタートアップや起業家に開放しようというプロジェクトである。
  今回はそのプロジェクトのディレクターにして第一期パンゲアの卒業生でもある山口豪志氏にインタビューさせていただきました。
 

 
 
 
 
本日はよろしくお願いいたします。
山口さんはこちらの「パンゲア2.0」のディレクターとして参画されるということで正式にはいつから…
 
【山口氏】
今月(2017年1月)のリリースの際に公にオープンというかたちです。
 
本当に最近の話ですね。
以前の「パンゲア1.0」ではプロジェクトに関わっていらっしゃったのですか?
 
【山口氏】
じつは「パンゲア1.0」の時は入居者としてお世話になっていました。
 
ああ!なるほど!
 
【山口氏】
前職はクラウドソーシングのランサーズ(※1)に所属しておりまして、ここの門戸を叩いたのが2012年の10月くらいでしたか。当時、僕らの会社は鎌倉にありまして、東京まで通うのもけっこう重労働で。東京に支店を開きたいというのがありました。
かといって、まだスタートアップでしたので、正直、資金的な余裕もありませんし。基本的に東京ではお客様の会社のミーティングスペースをお借りしておりました。とはいえ、気も使いますし、結局ずっとカフェのハシゴみたいな感じになって…
 
わかります。どことなく落ち着かないし…
 
【山口氏】
そんな時に、インフォテリアさんがこういうことをやっているよと聞きまして。
もともと、平野社長がおっしゃっていたのが「恩送り」という、自分たちが前職でお世話になったことを新しい起業家やスタートアップベンチャーに提供しようという、懐深いお話がありまして、ご好意に甘えさせていただきました。
僕らは友人に紹介してもらうまで実はインフォテリアさんの会社を存じ上げなくて、「ああこんな会社があるんだ」と。それをきっかけに色々なお話をさせていただいたところ、興味をもっていただいて「どうぞ使ってください」と快くおっしゃっていただけました。
 
そのような偶然の出会いがあったわけですね。
 
【山口氏】
以前は8階(現在は1階)の会議室とその間にある小さな談話スペース、イベントスペースと主にその3つのスペースを使わせていただいておりました。
 
それは現在のイフラボのような専用スペースじゃなくて、あくまでもインフォテリアさんのオフィス内のスペースを貸していただいていたと。
 
【山口氏】
ええ。その後、おかげさまで事業が大きくなりまして、主に都内の方の就職面接場所やこのようにメディアさんの取材対応場所として便利に使わせていただきました。やはり、鎌倉まで皆様に来ていただくのは大変なのでとても助かりました。
もちろん都内のお客様にも「実はこの場所に僕たち会議室を借りてるので…」と利用させていただきましたし、投資家とのミーティングもこちらを使わせていただいておりました。
 
で、そのような機会を経て、今回の「パンゲア2.0」のスタートに当たってインフォテリアさんから山口さんに打診があったということですね。
 
【山口氏】
ええ、もともと平野社長にはそれ以外にもお世話になっていたので。
今回、パンゲアが2.0になりますよというところで、新しく入ってくる起業家やスタートアップのセレクションも含めて…
あと、僕は一応、第一期の卒業生ということもありまして…
 
出世頭ということで(笑)
 
【山口氏】
その成功のテンションを、彼らに伝えてやってくれと(笑)
 
確かに入居者の方にとっては、なによりの励みになりますね。
前回の1.0と今回の2.0の違いはどうでしょう?
 
【山口氏】
いやもうぜんっぜん違いますね!
 
具体的には?
 
【山口氏】
もう面積的なものからして、イベントスペースで2倍以上、なおかつ会議室の数と広さや設備…
 
あと、IoTをメインにしたいスタートアップ企業からみても、中心にあるショールームスペースや数々の展示機器が使えるのも大きいですよね。
山口さんとしてはIoTやその関連のビジネスでどのようなサポートを行いたいとお考えですか?
 
【山口氏】
今回のプロジェクトで中心に据えたいビジネスとしては、話題に出たIoTを含めて3軸あります。2つ目はブロックチェーン、3つ目はこのプロジェクトの名称にもなっている「パンゲア」(※2)から来ているように「世界に向けて挑戦しようとする起業家」を特に中心に応援したいと考えています。
IoTに関しては、地方の企業でものづくりに取り組んでいらっしゃる会社で、それにIT技術を掛け算しましょうというような企業に注目しています。
 
地方企業…それはいいですね。やはり、鎌倉から起業された思いもあるでしょうし、優秀な企業であっても、地方では交流の場が少ないですからね。
実際にディレクターとしての山口さんの業務内容はどのようなものになるのでしょうか?
 
【山口氏】
大きくは3つあります。ひとつは入居企業様のバックアップ。彼らが成長するためのお手伝いをしたいですね。
ふたつ目がコミュニティといいますか、イベントの運営、登壇者のアテンドや入居企業と外部の企業の交流の場をつくり、この場をビジネス交流のハブとして機能させたいと考えています。
3つ目は、良くも悪くも私は外部から招かれた人間で、なおかつこのプロジェクトの卒業生ですので、フラットな目線と経験で、内部のインフォテリアの技術者さんと入居企業さんをうまく取り持ったりしたいと考えています。
 
最後になりますが、先ほども少し話題に出ましたが、今後「パンゲア2.0」の参画企業を募集していくことになると思うのですが、どのような企業がむいているか、あるいは来て欲しいのかといったところを再度教えてください。
 
【山口氏】
やはり、先ほどお話した3軸が中心になります。
一番は、日本からどんどん海外に向かって出て行きたい!と考えるベンチャーには絶対に来ていただきたいし、交流していきましょうと。それはもちろん入居といったフェーズでもいいし、イベント活用でもいいですし、共同開発しましょうでもいいですよね。
二つ目はブロックチェーンに関して、インフォテリアさんは平野社長をはじめ造詣が深い方が多いので、その技術を社会に向けてどんどん拡げようというマインドが社内に強くあります。ですので、ブロックチェーンの研究をされているといった企業や、ある領域に関してブロックチェーン技術を活用したいという企業に来て頂きたいですね。
最後はIoTですよね。実際にこの商品をショールームに置いて欲しいでもいいですし、うまく活用してもらえればいいと思います。
 
本日はありがとうございました。
 

  -----ビジネスには効率重視の考え方は欠かせない。しかし時として、偶然の出逢いが大きくその成功を左右することもある。誰しも最初から人脈があったわけではない。だから成功するビジネスマンの多くはとにかくたくさん「人と逢う」。そして、その中から見つけたチャンスをきっちりものにする。
いかに忙しい中でも「たくさんの人に逢い」そして「たくさんの話をするか」。そのような意味でも、スタートアップや起業家にとって、限られた時間と空間の中で良きアドバイザーや投資家、仲間やパートナー、そして顧客を見つけるには「パンゲア2.0」は素晴らしいスペースとなるに違いない。我こそはと思う企業はぜひ応募して欲しい。

 

注1)   ランサーズ株式会社。実績とスキルのあるプロフェッショナルと企業をマッチングする仕事依頼サイト「ランサーズ」を運営する。2008年創業、資本金12億4904万4254円(資本準備金を含む 平成28年12月現在)
注2)   パンゲア。ペルム紀(2億5000万年前頃)から三畳紀にかけて存在した超大陸。現在の五大陸に分裂する前の大陸。すべての大陸はここから生まれた。

 

【山口豪志氏プロフィール】

2006 年クックパッド株式会社入社。広告マーケティング事業で 09 年同社 IPO にトップセー ルスにて貢献。12 年 3 人目の社員としてランサーズ株式会社に参画、ビジネス開発部長、社長 室広報を歴任。15 年に株式会社54を創業。

<主な役職>

 株式会社54 代表取締役社長 株式会社スタディスト アドバイザー 株式会社情報工場 メディア開発部プロデューサー 株式会社デフタ・キャピタル アクセラレーター 兼 横浜ジェネラルマネージャ

 
■「パンゲア 2.0」の概要

住所

東京都品川区大井 1-47-1 NT ビル 1F(IoT Future Lab.)

支援対象

・起業から5年未満、社員数10人未満の企業であること

・世界展開を目指す企業(事業)であること

・IoT 技術、ブロックチェーン技術を生業とする企業は優先

・東京に拠点のない地方企業は優先(都内での活動拠点として利用可能)

支援内容

(無料)

<パンゲアからの継続内容>

 ワークスペース、会議室、セミナールーム、高速 WiFi などの当社設備の利用

<パンゲア 2.0 における新施策>

・当社創業者の平野、社外取締役アニス・ウッザマンによる経営相談(規定回)

 ・アニス・ウッザマンによる資金調達相談(規定回)

 ・定期的な広報セミナーや記者発表におけるメディア集客支援

 ・リラックススペースの利用(コーヒーサーバー、マッサージチェアなど)

利用できる 当社施設

合計面積:530 ㎡(インフォテリア本社1階、IoT Future Lab.内) オープンスペース:1 室(132 ㎡)、リラックススペース:1 室(82 ㎡)、セミナー ルーム:1 室(124 ㎡)、会議室:6 室(計 181 ㎡)、スタジオ:1 室(11 ㎡)

ディレクター

山口 豪志 氏(株式会社 54 代表取締役社長)

申し込み方法

以下に記載するインフォテリア株式会社社長室に連絡し、

所定の申請用紙を提出願 います。審査の上で合否をご連絡します。

 

「パンゲア 2.0」への利用申し込み方法:

「パンゲア 2.0」事務局担当

 インフォテリア株式会社 社長室 吉田・乙供 おっとも

電話番号 03-5718-1255

FAX 03-5718-1261

E-mail ceo-office@infoteria.com

 

IoT Future Lab.

イフラボの詳細はこちら
 

 インフォテリア株式会社
https://www.infoteria.com/jp/

 

IoT Future Lab.
東京都品川区大井1−47−1 NTビル 1F
http://iot.infoteria.com/?_ga=1.9423541.1887982114.1477901052

 

次のページLinkIcon