2016.01.10 【モノとIT】NEWS


アジアのスタートアップと日本企業との連携支援を強化、「Morning Pitchシンガポール」の毎月開催開始 

 
 トーマツ ベンチャーサポート株式会社は、 アジアのスタートアップ企業と日本企業との連携支援の体制を強化し、 2017年1月より「Morning Pitchシンガポール」を毎月開催とすることを発表した。
 
以下はプレスリリースより抜粋
 
 トーマツ ベンチャーサポート株式会社(東京都千代田区、 代表取締役社長 吉村孝郎、 以下TVS)は、 アジアのスタートアップ企業と日本企業との連携支援の体制を強化し、 2017年1月より、 「Morning Pitchシンガポール」を毎月開催します。 
 

Morning Pitchをシンガポールで毎月開催 

 TVSは、 シンガポールに駐在員を2016年11月より常駐させ、 現地スタートアップ企業の成長支援、 日本企業との連携促進を通じて、 シンガポールでの活動を強化しています。 今般、 Morning Pitchをシンガポールで毎月開催することにより、 スタートアップが成長し、 企業に新規事業が生まれるエコシステムの醸成を加速させます。 
 TVSは毎回旬のテーマを設定し、 アジアのスタートアップと大企業との出会いの場を設定します。 1月のテーマはヘルスケアで、 NUS Enterpriseの協力のもと、 インキュベーションオフィスであるBlk71で開催します。 東南アジアに拠点を置く大手企業の新規事業担当者に対し、 東南アジアで活躍するスタートアップ企業4社が登壇して自社の事業内容、 事業提携ニーズについて説明する予定です(当面のスケジュールは下記※参照)。 
 Morning Pitchは、 大企業とスタートアップとの事業提携を目的に2013年1月より東京で毎週木曜早朝7時より開催しているスタートアップによるプレゼンテーションイベントです。 これまで170回以上開催し(2016年12月時点)、 ここから多くの大手企業とスタートアップとの事業提携が創出されています。 
 

アジアのスタートアップと日本企業との連携支援メニュー 

 アジアには優れた技術や高いポテンシャルを持つスタートアップが誕生しつつあるものの、 日本企業がこうした情報を独自に収集するのは難しく、 他方、 アジアのスタートアップにとっても日本企業へのアクセスポイントが限られているのが現状です。 これらの課題に対して、 TVSでは日本企業およびアジアのスタートアップに対して下記のソリューションを提供し、 連携支援を強化します。 
 

1)日本企業向け

 ・日本企業向けにアジアスタートアップに関する最新情報をレポート形式で発信

 ・Global Startup Labを定期開催、 日本と現地各国スタートアップを通信でつなぐリモートピッチ形式も採用

・日本企業向けに現地市場視察をアレンジ

 
 アジアのスタートアップ最新情報、 テクノロジートレンドをレポート形式で情報発信を行います。 加えて、 当該内容の詳細をセミナー形式で直接説明するGlobal Startup Labを東京で定期的に開催します。 Global Startup Labでは、 TVSが最新テクノロジーのトレンドを解説する他、 日本と現地各国のスタートアップをWeb会議システムでつなぐリモートピッチも行います。 さらに、 レポート、 セミナー等で海外のスタートアップに関心を持ち、 現地視察を希望する日本企業を対象に、 現地への市場視察ツアーを企画します。 日本企業の要望を鑑みて、 関連スタートアップとディスカッションする機会を設け、 スタートアップ支援関連施設等を訪問します。 現地のスタートアップとの密なネットワークを築いているTVSは、 大手企業のニーズを汲み取った効果的な現地訪問先をアレンジすることが可能です。 
 

2)アジアスタートアップ向け

・アジアスタートアップ向けにジャパンテクノロジー情報をレポート形式で発信

・アジアスタートアップ向けに個別成長支援、 メンタリングを提供

・Morning Pitchを毎月開催

 
 日本企業のオープンイノベーションの現状や探索しているニーズ、 あるいは日本企業の持つ知的財産、 モノづくりにおけるノウハウ、 各種製品における世界的シェア、 最先端研究技術等を英語で情報発信し、 現地スタートアップに日本企業と連携するうえでの有益な情報を提供します。 さらに、 日本のマーケット状況(マーケット規模、 競合状況、 規制等)を分析し、 日本企業と連携する際の勘所について個別面談を通してメンタリングを行います。 日本企業との連携の可能性があると見込まれるスタートアップについては、 積極的に日本企業との面談の機会を提供していきます。 
 

3)Morning Pitch

Morning Pitchを通じて、 実際に日本企業とアジアスタートアップが直接交流できるリアルな場を創出することで、 連携を促進します。 

 

※ Morning Pitchシンガポールの今後の予定

1/25  Healthcare

2/24  Robotics / Drones

3/31  FinTech

4/28  Internet of Things

5/26  AI

 日時:毎月最終金曜日10:00AM-12:00PM

 場所:NUS Enterprise @ Blk71 (2F 0201, 71Ayer Rajah Crescent)

 

海外スタートアップ支援 

 TVSではシンガポールを始めとする東南アジア、 インド、 シリコンバレー、 ニューヨーク、 イスラエルを重点地域と定め、 現地スタートップ動向を調査し、 積極的に情報発信を行っていきます。 各国のスタートアップ最新情報やテクノロジートレンドの情報発信に加え、 実際に海外スタートアップに興味を持った大手企業を対象に現地市場視察ツアーも実施することで、 日本企業と海外スタートアップとの交流できる機会を創出します。 
TVSでは今後も日本企業とグローバルのスタートアップがより連携できる体制を整備していきます。 
 
 

LinkIconTOP

パナソニックが米・産業用レーザメーカー「テラダイオード社」の全株式を取得 

 
 パナソニック株式会社(以下、 パナソニック)は、 産業向け高出力ダイレクトダイオードレーザ(以下、 DDL)の世界的サプライヤーであるテラダイオード社(本社:米国マサチューセッツ州、 CEO:パービッツ・タエバティ、 以下、 TDI)の全株式を取得する契約を、 2017年1月2日付(米国時間)で締結した。 
 
以下はプレスリリースより抜粋
 
 近年、 自動車産業などでは「軽量化」「高剛性化」「デザイン自由度向上」「生産性向上」などを背景に、 高精度で高品質なレーザ加工技術への期待が大きく高まっています。 TDIが保有する波長合成技術を用いた高出力DDLは、 これらの要求に応える次世代レーザとして注目されています。 
 
 パナソニックとTDIは、 このような市場動向にいち早く対応し、 2013年に協業を開始しました。 2014年には、 協業の成果として、 TDIの高出力DDLを搭載した世界初のレーザ溶接ロボットシステム「LAPRISS」の販売を開始しました。 また、 同年、 パナソニックはTDIよりアジア圏主要国における溶接用DDLの独占販売権を取得し、 両社は開発、 製造、 販売、 サービスなど広範な領域で協力し、 DDLの普及、 促進を図ってきました。 そのような中、 パナソニックのレーザ加工事業をこれまで以上に成長させるためには、 基幹技術であるTDIのDDL技術、 ノウハウの獲得が不可欠との認識に至り、 両社で協議を重ねた結果、 パナソニックがTDIを完全子会社化することで合意しました。 
 
 パナソニックとTDIは、 今後の成長市場であるレーザ加工分野において、 両社一体となってDDL技術のさらなる進化を図るとともに、 レーザ加工事業をファクトリーソリューション事業における新たな柱として拡大し、 パナソニックのBtoB事業の成長を加速させてまいります。 
 

テラダイオード社

【社名】TeraDiode, Inc.

【代表者(CEO)】Parviz Tayebati (パービッツ・タエバティ)

【本社所在地】米国 マサチューセッツ州 ウィルミントン

【事業内容】一般産業向けレーザの開発、 製造、 販売

【資本金】51.8百万USドル

【設立】2009年8月

 
 
 

LinkIconTOP

太陽光での心地よい目覚めを叶える!”世界初”スマホ連動の「カーテン自動開閉機器」が
アイリスオーヤマから新発売

 
 
以下はプレスリリースから抜粋
 
朝起きられない」「怠い」 その原因は、主に深い睡眠から無理矢理起きることによる睡眠慣性と言われています。太陽光がその解消に有効と考えられ、mornin'が寝起きのだるさの改善をサポートします。
アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、 代表取締役社長:大山 健太郎)のグループ企業である株式会社アイリスプラザ(宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-7 アイリス青葉ビル TEL:0120-323-410)では、 スマホで簡単に操作できるめざましカーテン「mornin’ MN-C01 ホワイト」を2016年12月7日に新発売しました。

アイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、 代表取締役社長:大山 健太郎)のグループ企業である株式会社アイリスプラザ(宮城県仙台市青葉区中央2丁目1-7 アイリス青葉ビル TEL:0120-323-410)では、 スマホで簡単に操作できるめざましカーテン「mornin’ MN-C01 ホワイト」を2016年12月7日に新発売しました。



 

「世界初」スマホ連動でカーテンを自動開閉!

~なぜ、 太陽の光を浴びると体が目覚めるの?~
「だるい」「スッキリ」の目覚めの違いは、 「無理矢理」起きたか、 「自然」に起きたかということです。
深い睡眠から無理矢理起きると目は開いていても脳はウトウトの状態に…。 太陽の光を浴びることで体も脳も自然と起きるモードに。 その理由は、 太陽の光が睡眠ホルモンの分泌を抑えるからです。


めざましカーテンmornin’はそのメカニズムを活用

 
【mornin'でスッキリお目覚め】

  1. タイマーをセットして就寝
  2. 自動でカーテンを開け、 太陽の光でやさしく起こします。
  3. 自然な目覚めで体も脳もスッキリ!

 


取付けカンタン

ボタンを押しながらつけるだけ!今お使いのカーテンを手軽に自動開閉できます。

 

【取付け 3STEP】

  1. 動かしたいカーテンの先端のランナーからフックを外しておきます。
  2. 先端のランナーと次のランナーの間にmornin'を取り付けます。
  3. mornin'を覆うようにカーテンを元に戻してmornin'の設置は完了です。

※本商品1点で片側の開閉ができます。
※本商品設置後はカーテンの手動開閉ができません。


使い方らくらく

設定した時間に、 自動でカーテンを開閉

曜日ごとのタイマー設定が可能です。

※複数台使用の場合は、 どのmornin'を動かすのかを指定できます。

 

リモコン間隔で手軽にカーテンを開閉

いつでもその場でスマートフォンでリモコン操作が可能です。

※複数台使用の場合は、 どのmornin'を動かすのかを指定できます。

 

家族みんなでいっしょに使える

共有機能を用いることで家族みんなのスマートフォンからmornin'をご利用いただけます。

 

4台まで使用可能

1台のスマートフォンから最大4台のmornin'を使用することができます。

 

安心・信頼

mornin'は日本で設計・開発・組立を行っている安心のMade in Japanです。

 

アプリから簡単、 便利にラクラク設定

一度アプリでタイマー設定を行えば、 本体の近くにいなくてもOKです。

「mornin’ MN-C01」

商品サイス゛(cm):幅約5.6×奥行約4.1×高さ約9.7

商品重量:約67g(電池を除く)

主要材質:ABS樹脂、ポリプロピレン、ポリアセタール

電源:単3アルカリ乾電池3本

対応OS:iOS8.3以上、Android5.0以上(BluetoothR low energy 対応機種に限る)(16年7月現在)

通信規格:Bluetooth(R) Smart

想定干渉距離:約10m(障害物のない場合)

製造元:株式会社ロヒ゛ット

URL: http://www.irisplaza.co.jp/Index.aspKB=SHOSAI&SID=K531422F&adver=news&type=news&utm_content=K531422F&camp=170109news

 
 

LinkIconTOP

2016.01.06 【モノとIT】NEWS


LHit、世界で最も操作性の高い予測分析ツール“Alteryx(アルタリクス)”の販売開始

 
LHit株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:石川 智啓 以下、 LHit)とAlteryx社(本社:USA CEO:Dean Stoecker、 以下、 Alteryx)は、 パートナーシップを締結し、 Alteryx製品の日本国内での販売を開始。
 
以下はプレスリリースより抜粋
 
 Alteryxは、 ビジネスユーザーを対象とした予測、 統計、 空間分析機能および、 データブレンド(抽出・加工・結合)のためのGUIプラットフォームを提供します。 
 LHitは、 創業以来データ分析コンサルティングサービスを30社以上にわたって提供してまいりました。 ビッグデータやIoTの活用により、 データ分析がビジネスで担う役割も大きくなってきています。 昨今では、 “インプットデータの多様化による分析プロセスの複雑化”、 “データドリブンな経営革新の重要化と、 データサイエンティストなどの専門的人材が不足するジレンマ”が問題となっております。 今回、 Alteryx社とLHitが連携することにより、 プロセスの単純化、 データ分析作業を効率化することによって少人数でも、 ビッグデータを活用した深いビジネスインサイト抽出を実現するサービスの提供をいたします。  
 

Alteryx操作画面

 

<LHitが提供するサービス> 

JampStart(Alteryx導入コンサルティング) 

‐ 抱えている課題を解決するプロジェクトを弊社コンサルタントが遂行します。 

分析のアプトプットに関わるステップ、 Alteryxの分析プロセスをスキルトランスファー(技術移管)することで、 お客様のチームがスムーズにAlteryxの活用を開始することができるようになります。 

 

予測分析ツール切り替えサポート 

‐ ご利用の分析ツールの切り替えを弊社コンサルタントが補助します。 

分析ツールの切り替え作業をステップに分けて共有し共同作業することで、 最短でのツール移行を実現します。 

 

プロセス移管サービス【簡易版】 

‐ ご利用の分析ツールの分析プロセスを弊社アナリストが移管します。 

重要度が高く、 複雑な処理をしている分析プロセスを選び、 Alteryxへのプロセスを移管します。 その分析プロセス中のノード(Alteryxの機能)をご説明することで、 Alteryxの利用方法を学ぶことができます。 

(簡易版:1週間以内で完了できるものとさせて頂きます。 )

 

ハンズオンセミナー 

‐ Alteryxの使い方から、 R、 Pythonの統計手法を活用する方法まで、 幅広いセミナーをご用意しています。 

最適な内容を組み合わせて、 ご提供させて頂きます。 

 

ž テクニカルサポート 

‐ 無料枠のテクニカルサポートに加え、 有料のテクニカルサポートもご用意しています。 

有料のテクニカルサポートでは、 Alteryxの機能の説明だけでなく、 ご契約のサポート時間内で対応できる範囲で、 お客様が必要な機能の作り込み(新たなノード構築)を実施いたします。 

 
 

LHit株式会社 Alteryx
https://alteryx-jp.com/

 

LinkIconTOP