サンワサプライ、様々な焦点距離で撮影できるデジタル顕微鏡を11月10日発売 

 

■レンズの高さを0.8cmから15.9cmまで調整

 サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、 代表取締役社長 山田 哲也)が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、 パソコンにUSBで接続しパソコンの画面で拡大した映像を見る事が可能で、 レンズを360度様々なアングルに角度調整可能なデジタル顕微鏡「400-CAM058」を発売。 
 高さや凹凸のある被写体でも対応可能なデジタル顕微鏡。 被写体に合わせてレンズの高さを0.8cmから15.9cmまで調整できるので、 接写だけでなく広範囲を拡大した映像も確認可能。被写体まで距離が取れるので、 基盤へのはんだ付けなど、 細かい作業を両手を使ってパソコンの画面で拡大しながらする事ができる。 
 

 ■専用ソフトで画像の編集も可能

専用ソフトでは、 静止画や動画の撮影、 保存、 動画の再生、 画像編集、 プリントアウトなどをする事が可能。

 
 

■6タイプの光のパターンが選べるLEDを8個内蔵

 レンズ部にLEDを8個内蔵しており、 6種類のモードからLEDの光るパターンを選択可能で、 被写体に合わせて最適なライティングが調整できる。

 

 デジタル顕微鏡(USB接続・倍率280倍・オートフォーカス・パソコン制御・遠距離撮影・レンズ角度調整可能)
型番: 400-CAM058   販売価格46,111円(税抜)
商品ページ: http://sanwa.jp/pr/400-CAM058